どのような浮気調査は違法になってしまうのか

浮気調査にも違法になるものがある

探偵事務所や興信所は、探偵業届け出というのを国に提出しており、尾行や張り込みなどをする権限を与えられています。また、探偵業の会社が行う浮気調査は、浮気という不法行為の証拠を集めるためという正当性があります。

しかし、それでも浮気調査という名のもとにあらゆる行為が許可されるわけではありません。浮気調査の中でも、合法なものと違法なものがあるのです。

また、裁判においては「違法取集証拠排除法則」というものがあり、違法な手段によって手に入れられた証拠は認められないのです。

もちろん、浮気調査興信所株式会社では、法律の知識が豊富なスタッフが在籍しておりますので、浮気調査の際に違法行為を行うことは一切ありません。

今回は、浮気調査を依頼する際に知っておきたい、「違法な浮気調査の基準についてお話します。

 

夫婦間での浮気調査で許されることと違法なこと

浮気調査で違法になる行為にはどんなものがあるか

探偵事務所や興信所による浮気調査についてお話しする前に、まずは夫婦間で浮気調査をする際に、どのような行為が違法となるのかについてお話します。近年ではパートナーの不倫を疑った人が探偵事務所や興信所に頼らずに自力で浮気調査をすることがあるようです。

基本的に浮気調査において違法であるとして問題となるのがプライバシーの侵害についてなのですが、夫婦は共同生活をしているので、いったいどこまでがプライバシーなのかという線引きが非常に難しく、裁判でもしばしばそこが争点になります。

また、プライバシー権という規定は法律にはなく、裁判の判例によって私生活をみだりに公開されない権利として定義されているだけなのです。

具体的に、夫婦間で許されている浮気調査にまつわる行為をあげるとするならば、以下のような行為はプライバシーの侵害とは取られないようです。

・自宅に盗聴器を仕掛けたり、夫婦二人で使用している車にGPSを仕掛ける

・結婚相手が使用しているロックがかかっていないパソコンやスマートフォンを覗き見る

逆に、以下のような行為はいくら夫婦間であったとしても違法となってしまうようです。

・パスワード解析をすることによりロックを解除して、結婚相手のパソコンやスマートフォンを覗き見る(不正アクセスに該当する)

・移動履歴や通話履歴などを知ることができるアプリを勝手に結婚相手のスマートフォンにダウンロードし、そこから情報を得る。

どうやら、「結婚相手が隠そうとしているものを無理やり見ようとする行為」はいくら夫婦間であってもプライバシーの侵害に該当するようです。

パートナーの不倫を謳っているからと言って、基本的には素人に浮気調査をすることはお勧めできません。これは大丈夫だろうと思っていた浮気調査が実は違法だったということは多々あるからです。特に、プライバシー権に関しての法律というのは、素人が理解するのは困難なものです。浮気調査興信所株式会社に一度ご相談に来ていただければ、このような細かい法律上のことまで知り尽くした熟練のスタッフが、パートナーの不倫を疑っているお客様にアドバイスさせていただきます。

 

探偵事務所や興信所による浮気調査の違法行為の基準

浮気調査においてプライバシー権に関しての法律というのは、素人が理解するのは難しいです

前述したとおりに、探偵事務所や興信所は探偵業届け出を提出しているため、尾行や張り込みをすることは違法行為にはなりません。また、不倫の現場を撮るための撮影も、肖像権の侵害等には引っかかりません。

しかし、探偵事務所や興信所は対象者と他人であるために、夫婦関係で認められていたいくつかの方法で浮気調査をすることは禁止されています。つまり、自宅や車内にGPSを仕掛けたり、浮気が疑われている依頼者の結婚相手のパソコンやスマートフォンを見ることはできないのです。

また、当然ですが浮気相手に対してもプライバシーの侵害をすることは許可されていません。浮気相手が住んでいるマンションに侵入し、浮気相手の部屋の番号を探し出したりする行為も違法となります。また、過去に探偵が浮気調査の過程で、依頼者の結婚相手の浮気相手の住んでいるアパートの玄関の外に隠しカメラを設置し、プライバシー権の侵害に当たるとして違法行為とみなされた判例があります。裁判所は、マンションの部屋の中でなくとも、マンションの敷地内はすでにプライベートな空間だと認識しているということです。

また、浮気の事実を確かめるために電話に盗聴器を仕掛けるなどの行為も、通信の秘密を害しているとして、違法になります。

浮気調査興信所株式会社では、プライバシー権にまつわる過去の判例や、どういった浮気調査を行うと違法になってしまうのかについて詳しく知っている法律の専門家たちが浮気調査に当たっています。よって、「違法取集証拠排除法則」に引っかかって裁判で証拠が破棄されてしまうようなこともありません。

高い調査力を誇りながらも、法律を遵守することは忘れないのが、我々浮気調査興信所株式会社のモットーです。パートナーの浮気を疑っている方、パートナーとの別れや復縁に関するお悩みのある方は、ぜひとも一度ご相談ください。

 

 

 

浮気調査の中でも、違法となる行為があります。
夫婦間で許される行為は、自宅に盗聴器を仕掛ける、車内にGPSをつけるなどです。
また、探偵は夫婦間で認められているような特権は特に許されていません。
他人の家の敷地内に入ったら住居不法侵入で捕まりますし、通信の傍受などもプライバシー権の侵害として禁止されています。