離婚調停で勝つために浮気調査でとっておくべき証拠とは

離婚をするために浮気調査で必要な証拠とは

あなたがパートナーの浮気を疑っていて結婚生活に嫌気がさしていたとしても、あなた一人の意思では離婚することはできません。離婚するためには、双方の合意もしくは結婚生活を継続するのが困難である正当な理由、夫婦のどちらかの不貞行為のどれかが必要になるのです。

 

特に、結婚相手の浮気で離婚をするような場合はその証拠が非常に重要です。「浮気の証拠なんて二人でホテルに入った瞬間とればいいんでしょ。」と思われているかもしれませんが、そんなに単純なことではないのです。

 

離婚調停において有効な浮気の証拠となりえるものには基準があり、それを満たしていなければ浮気の事実を認めさせることはできないのです。

 

浮気調査興信所株式会社では、長年の浮気調査によって蓄積された経験と、法律の専門家による豊富な知識を基に、素人では入手できない有効な浮気の証拠を入手できる技術を持っています。浮気の証拠を手にして離婚調停に臨みたいとお考えの方は、ぜひ浮気調査興信所株式会社までご連絡ください。

 

今回は、浮気調査においてどのような証拠を得れば離婚調停において有効な証拠となりえるのかについてお話いたします。

 

浮気調査において撮っておくべき不貞行為の基準とは

浮気調査において不貞行為の証拠となる基準とは

離婚調停において不貞行為とみなさるのは、不倫相手と肉体関係があった場合のみです。手を繋いだり、ハグをしたりキスをしたりなどの行為はこの肉体関係には一切含まれません。たとえ浮気相手と路上で堂々とキスをしている写真を撮ったとしても浮気の証拠にはならないというのだから驚きです。また、肉体関係は一度きりのものであっても、浮気の有効な証拠とはなりえません。最低でも2、3回浮気相手と肉体関係を持ったという明確な証拠があって初めて不倫だと認められるのです。

 

よく、「一度くらいの浮気は魔がさしただけだから大目に見てくれよ」などという人がいますが、裁判所側も、一度肉体関係を持ったくらいでは浮気とは呼べないと言っているわけです。不倫をされている人はこの事実に対して驚愕し、激怒するかもしれませんが、これが現実なのです。

 

まとめると、裁判所が認める不貞行為の基準とは、「最低でも2,3回以上に及ぶ継続的な肉体関係」ということになります。世の中には一緒に食事に行ったり、キスをするだけで浮気だととらえる人がいる中で、裁判所の不貞行為の基準は浮気をされた側にしてみたらだいぶ厳しいのです。

 

浮気調査でとっておきたい浮気の現場とは

浮気調査で証拠になる浮気の現場とは

浮気調査において、裁判の有効な浮気の証拠になるためには、ラブホテルの二人で入っていくシーンを撮影した動画や写真などが一番望ましいです。この際、ラブホテルに入っていくシーンだけでなく、二人で一緒に出てくるシーンも撮れていなければなりません。また、ラブホテルに入ってから出てくるまでの間に、40分以上が経過していないと肉体関係があったとみなされないこともあります。裁判所は40分という時間以下では、性交渉が行われた可能性は低いと考えるものなのです。

 

ラブホテル以外にも、自宅やシティホテルに二人で入っていくシーンを撮影したものは裁判の際の有効な浮気の証拠になりえます。しかし、こういった写真はラブホテルよりも決定的な証拠にはなりづらいです。自宅やシティホテルに二人で入ったからと言って必ずしも不貞行為に及んでいるとは限らず、「ただ二人で休んでいただけです。」という言い逃れができてしまうからです。しかし、こういった場所でもあまりに頻繁に二人で出入りしているようであれば、有効な不倫の証拠となりえるでしょう。

 

また、車内での不貞行為をとることは基本的には禁止されています。車内というのはプライベートな空間なので、そこを撮影するというのはプライバシーの侵害に当たる違法行為であり、いかに不倫の現場を抑えた証拠であったとしても、違法に入手された証拠は裁判では有効にならないからです。

 

浮気調査興信所株式会社では、こういった違法な浮気調査は一切行いません。常に法律遵守を第一に考えて浮気調査の業務を行っています。

 

浮気調査での写真や動画以外にも、こんな証拠が裁判では有効となる

「私は不倫をしました。」という自白が離婚調停で有効な不倫の証拠となる場合があります。しかし、ただ浮気の事実を自白したというだけでは、「そんな自白はしていません。」と後々覆されてしまうので、ICレコーダーなどでしっかりと録音された自白のデータがなければなりません、浮気調査に依頼する前に、パートナーがおとなしく浮気の事実を認めているという場合は、こういった証拠を取っておくと裁判の際に有利に働きます。

 

浮気調査興信所株式会社では、お客様が離婚調停の際に有利になるように、有効な証拠をつかむことに長けた優秀なスタッフが多く在籍しています。離婚調停で勝ち、慰謝料を請求ることができれば、新しい人生をよりスタートしやすくなります。ぜひ浮気調査株式会社に、その手助けをさせてください。

離婚調停において有効となる浮気の証拠には厳しい基準があります。まず、不貞行為となるのは2,3回以上の継続的な肉体関係のみと定められています。浮気調査で浮気の現場を撮影するためには、ラブホテルの出入りの瞬間を抑えるのが一番効果的でしょう。ICレコーダーなどに取った浮気の事実を認める自白の音声も証拠として認められます。